戦略とはすぐに結果がでないから必要なものである

その場しのぎで、アイデアを考え、それを実行に移し、結果をみて

「ああ、だめだった」

とわかったら、また次のアイデアを考えるのを繰り返すとだいたい失敗し、成功からどんどん離れていく。

よい成果を得たいと思うのであれば、十分な準備と実行するために、ある程度長い期間を要する。

すぐには結果がでないので、ながーい期間、辛抱強く、毎日汗をかきながら努力して、結果を待つ。

先が見ない結果を待つのはつらい。

自分の心を支えてくれるのは、自分で考えた戦略である。

自分が正しいと思って考え抜いた戦略があってこそ、ながーい戦いにも我慢できる。

結果的に失敗したとしても、自分の考えた戦略のどこに不備があったのかがわかる。

サイモン・シネックは、TEDの講演の中で、普通の人々は、「何を?」「どうやって?」は考えるけど、

「なぜ?」を考えないと言っています。

なぜ?-->どうやって?-->何を? の順に考えれば、人の感情を動かせるそうです。

自分の戦略を考えるときに、なぜ?から考えると良さそうです。

Simon Sinek: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか

Simon Sinek: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか