何をするにしても迷いがあってはいけない。覚悟を決めた自分を信じるしかない。

「何をするにしても迷いがあってはいけない。覚悟を決めた自分を信じるしかない。」
幼いときは、大人になってから考えると、本当にたわいないことを決めるのでも、覚悟を決めてやっていた。

大人になれば、決めることはどんどん増える。

どんなことをするにしても、迷いがあってはいけない。小さなことでも、影響が大きい場合がある。覚悟を決めて、その影響を受け入れる。