Discord  は、オンラインゲームでの利用に特化したタイムラグの少ないボイスチャットサービスで、新型コロナウイルスの影響下で自宅でゲームをする人が増えたこともあり、そのアクティブユーザー数は1億4000万人以上に急増したと言われています。さら、昨年から、Discordをテレワークのツールとして使う企業が増えました。

【自宅テレワークの課題】
・気軽に上司に話しかけられない
・気軽にチームメンバに相談できない
・孤独感を感じる
・チームで相談できないので問題が発生したときに発見が遅れる
・問題起きたときに自己解決しようとするので、被害が大きくなる
・チーム間の信頼関係を構築しにくい
・Zoom,teamのようなツールでは、リアルな場を構築しにくい


【Discordを使ってみた感想】
このソフトは、音声チャネルというものがあり常時繋ぎっぱなしにします。ある音声チャネル、例えば“人事部の部屋”というところに4人いたとすると、その部屋でしゃべると4人全員に聞こえます。“人事部の部屋”から“離席中”に移動すると、人事部の部屋でされている会話は聞こえません。
一対一の秘密の会議をするときには、“会議室”に入ります。プライベートチャネルを作ると、その部屋に入れるメンバを限定できます。

【Discordのメリット】
・Zoom,Teamsのように、これから会議しますというような面倒な手続きがない。
・テレワークで気軽に雑談ができる
・上司に気楽に話しかけられる。
・自宅で孤独感を感じない
・音声品質がとてもよいので、あたかも隣にいるような感覚でしゃべる。


いろんなツールがありますが、その中でも無料でお手軽に使えるDiscordをお勧めします。