□10年後の未来のキャリアを考えたい社会人の方へ
混沌とした時代にあって、未来を見通すのは難しいと思います。だからと言って、何も将来のキャリアを考えずに、あと10年を過ごすことは、リスクが高いとおもいませんか?
今30代だとして、40代の自分をイメージできますか?
今40代だとして、50代の自分をイメージできますか?
60を過ぎても働いているイメージができますか?

1,000人近い採用面接とキャリア相談にのる中で、たくさんの人達の人生を垣間見てきました。自分の人生は、自分が選択したことであるならば、選択するための道筋が必要だと考えています。

10年後のキャリアを考える上で、10年後のイメージをはっきりと思い描くことが大切です。一度思い描くことができれば、そのゴールに向かって調整しながら走ることが容易になります。
自分一人で考えるよりもワークショップに参加した人たちと語り合いながら未来シナリオを考えるのはとても楽しく、ワクワクします。
 

□就職活動しているる学生さんへ

『ビジュアルマッピングで10年後の未来を考える』ワークショップに参加して、会社選びから、自分のキャリア設計のヒントを見つけませんか。

1.会社を決める前にすることがある 
みなさんが、就職にあたり、まず考えることは、「どんな会社を選ぶか」ですよね。 
私も学生時代、就職するにあたり会社を決めればいいのだと思っていました。今思うと実に浅はかでした。1,000人近い採用面接とキャリア相談に乗る内に、会社選びの前に何をすべきかがようやくわかってきました。
会社選びをする前にやるべきことをきっちりやってないと、負のスパイラルを生み出します。転職しても転職しても、いつもうまくいかないのです。どんな会社に勤めても満足ができず、不満の原因を全部他人のせいにします。若いときは、企業側が若いというだけで採用してくれますが、歳を取るにつれて、あなたを採用する理由を見つけられないのです。終身雇用制が崩壊した今、単に会社に雇われて60歳まで働くという構図が壊れました。これからの時代を生き抜くために、これまでと何か違うやり方が必要だと思いませんか?
会社を選ぶには、その会社を選ぶ自分の基準、価値観が明確である必要があります。
どうして大企業が安定していて、ベンチャーはリスクがあると思うのですか? 
どうして大企業が退屈で、ベンチャーが刺激的で成長できると思うのですか?
なんとなくそう思うではだめです。しっかりと自分の軸を決める必要があります。もちろん、歳を取っていくにつれて自分の軸が変わるのは構いせん。今、この就職活動中に、自分の軸を決めて、覚悟をもって会社を選ぶしかないのです。
会社選びの前提となる膨大なノウハウを一度に伝えることはできませんので、ビジュアルマップに軽く触れながら、あなたの10年後の未来を感じるワークをやってみましょう。当たり前ですが、準備なくして、大した成果は出ません。周到な準備をしても失敗することはもちろんありますが、仮に結果が失敗しても、十分準備をしていれば得るものが多いのです。

●このワークショップで学べること 
1)ビジュアルマップで自分の頭の中を見える化できる 
2)ビジュアルマップで自分自身とコミュニケーションする 
3)10年後の自分を体感する 
4)10年後から逆算して今の自分の行動を決める
講師 ビジュアルマップ・アーキテクト 中野禎二