将来の夢を叶えるためには、自分の無意識下にある価値観を取り出し、本当にやりたい目標を設定し、それに向かうための持続的な感情を呼び起こす必要があります。

そのために、マインドマップと心理学のテクニックを融合したワークショップを開発しました。

マインドマップを書くことにより無意識下にある感情、価値観、信念を形式知に変換し、体の動きを伴う心理学テクニックにより表出した信念を明日からの具体的な行動に結びつけるためのアンカリングを行います。これは極めて強力なワークであり、私が開発したワークショップの中でも重要のものとして位置づけられています。

 

ワークショップのゴール
・自分の本当の夢を発見する
・今までの自分より、夢に近づいた自分を感じる
・五感で将来の夢をイメージできる
・仕事へのモチベーションが上がる
・ワークショップの体験を体に記憶し、継続的にいつでも思い出すことができる