プロジェクトが炎上しないために

本当によくITプロジェクトって炎上するもので、どうしたら炎上しないのかが30代のときからの自分の課題でした。

プロジェクト管理の本を読んでセミナーに参加したりしたんですが、これがまったく役立ちませんでした。
あるとき、アメリカで長くITプロジェクトをやっている人から、リスク管理の話を聞いて、これだ!とひらめきました。

計画段階からリスクを正確に把握して、その対策を考えておけば、なんとなりそうだ。しかし、リスクはどうやったら把握できるのか?

それは、プロジェクトを構成する要素をすべて正確に把握し、その構成要素の属性を理解しておけば、自ずとリスクが湧き出ると考えました。何もないところから、なにかアイデアがひらめくというのは、マインドマップの真髄とするところです。

プロジェクトの絵を書けばよいのです。プロジェクトを構成する要素と、要素の属性、要素間の結びつきを絵にできれば、人間は直感的に理解できます。このプロジェクトの絵を書くには、MindManger2018が最適です。

MindManger2018を利用してプロジェクトのマスターマップを作り、そこから派生する子供のマップをどんどん追加していえば、プロジェクトの全体像を掴んでいけます。さらに、MindManager2018のよいところは、プロジェクトになにがしかの小さな変化があったときに、即マップに簡単に反映させることができるというところです。これにより、いつも最新のプロジェクトの絵を保持することができるわけです。

下の図をクリックすると、プロジェクトマスターマップに飛んでいきます。マスターマップには次のような枝がぶら下がっています。

□計画段階
  プロジェクト定義
  顧客満足度
  コミュニケーション 方針
  リスク定義
  WBS(Work Breakdown structure) の定義
  プロジェクト体制
  リソース
  成果物

□開始段階
  チームメンバー 紹介 完了インタビュー 
  プロジェクトのキックオフ
  チームビルディング
  チームコミュニケーションを 促進するためのワークショップ
  トレーニング
  チームメンバに必要なトレーニングの企画
  トレーニングの実施
□実施段階
  要件管理
  会議    ミーティングテンプレート
  進捗会議    進捗報告テンプレート
  TODOリスト
□終了段階
  プロジェクト監査

この中で計画段階が特に重要です。段取り八分という言葉があるように、計画の精度をどのくらい上げれるかが鍵です。計画においては、リスク計画を完璧にかけるまで、全体のマップをブラッシュアップしましょう。どれか1つでもいい加減なマップだと正確にリスクを抽出できません。リスクが抽出できれば、対策もマップに書いておきます。リスク計画をきちんとかければ、それをメンバーと共有しておいて、実際にプロジェクトが動き出せば、即対応できるようにしておきます。プロジェクトが走り出せば、トラブルの連続です。トラブルのないプロジェクトはありません。だから、リスクの抽出は必須となります。

リスク定義のマップの例を示します。下記画像をクリックすると大きいマップを見ることができます。