『40歳からは、ポータブルスキルが必要である』 

昨年から、転職の記事の中でポータブルスキルという言葉がよく出てきます。 
ポータブル・スキルは、「持ち運び可能な能力なので、何かの原因で業界や会社、仕事が変わっても能力を発揮でき、仕事の選択の幅が広がる」ものと定義されます。 


20代、30代は、どちらかと言えば、その職場でしか通用しないと特定スキルを磨いている期間だと思います。ITエンジニアであれば、ITのスキルをどんどん磨いていきますね。 

ところが、40を超えると、ポータブルスキルを持ってないと生きづらくなります。

ポータブルスキルというとイメージが沸かないと思います。 
例えば、プロジェクト管理のスキル、会議をスムーズに進めるファシリテーションスキル、部下を育成するためのコーチングスキルです。こういったものは、ITエンジニアがまったく違う職種についたとしても十分役立ちます。ITエンジニアのままだったとしても、40歳を超えれば、周りは、ITをスキルよりも顧客とのコミュニケーション能力、チームをコントロールするスキル、プロジェクトをうまく進めるスキルを期待します。 ゼロから1を作り出すスキル、例えば、新規事業を作り出すスキルがあれば、他所の会社に行っても、新規事業を作り出せることは確率は上がります。

自分の仕事について、常に創意工夫を重ねて、改善する癖がある人ならば、それは十分にポータブルスキルというものであり、他の会社に行っても通用します。


40歳を超えると、自分でしかできない仕事のスタイルを創り出すことが肝要で、それをするには、40歳までに、いろんな経験をしておかなければ、だめだということです。 

終身雇用制が崩壊した現在では、大企業であろうが、中小企業であろうが、自分の仕事がなくなるリスクは高いです。企業の買収、統合、事業縮小、経営不振、あらゆるリスクが想定され、現実味を帯びている現在では、60歳まで固定的な職能で生き延びることは不可能でしょう。仮に今の仕事がなくなり、転職して、異業種に行ったとしても生き延びるスキルが必要で、それがポータブルスキルです。