「ドイツ人の思考はどうなってんの?」
かなり前の話で恐縮ですが、ドイツの会社のソフトウエア製品を日本で販売代理しているときがあって、数年間、仕事でドイツ人と付き合ったことで、特に印象に残っているは、

・夏休みがながーい 2ヶ月は普通にとるので音信不通になる。他の人がカバーするのでいいのでしょうけど。

・モデリング、フレームワーク、アーキテクチャーを一番大事にするので、すぐにモノづくりを始めない。ITの話で言うと、日本人は、すぐプログラミングして動くものを先に作り、後でああでもない、こうでもないと仕様を変える。ドイツ人は、先にモデリングをしっかりやる、これを1年でも2年でも続けて飽きない、妥協しない。だから、ドイツ人が作るものは完成度が高い。ドイツの車、家電製品、ソフトウエア製品は、その傾向があるように思います。

・ドイツ人は、マインドマップが大好き。ドイツの企業では、仕事でマインドマップを組織的に導入する傾向があります。日本では、組織的に導入することは非常に少ないです。
私「なんで、ドイツでは、マインドマップがそんなに広まっているのか?」
ドイツ人「産まれたときから、ドイツ人は、物事を構造化して考える癖があるんだよ。学校で、マインドマップはみな習うので、大人でマインドマップを知らない人はいない」
みなさんは、ドイツ人と仕事をした経験ありますか?
Ippei Okamotoさんは、ベルギーにお住まいですが、ヨーロッパの国々とビジネスするときに、国民性の違いは感じますか?