「覚悟の無い者に、リスクは見えない」
プロジェクトをやっていると、我関せずと、周りのことは一切関知せず、淡々と自分の仕事だけをやるタイプか、積極的にリーダーにいろいろ提案したり、チームメンバと協調するタイプかの2通りだと思います。

最初のタイプは、覚悟がない人とも言えます。コンフォートゾーンから出てこないタイプです。
プロジェクトメンバの中に、覚悟を持って仕事をやり遂げようとしないメンバが入ってくると、プロジェクト破綻の確率は急に上がります。
覚悟がない人は、とりあえず、言われた仕事だけやって、他のことは一切目をつぶってやろうとします。


一方、覚悟がある人は、与えられたミッションをやり遂げようとしたときに、いろんなハードルがどんどん見えてきます。ハードルということは、つまりリスクが見えるということです。リスクが見えてきたら、これをどう回避するか、どう対応するかを真剣に考えます。覚悟があると、コンフォートゾーンから出て、周りを見渡して、どんなリスクがあるか探します。そのリスクを潰そうとして、リーダーに提案し、チームでリスクを共有して、自分のミッションを達成しようとします。


プロジェクトリーダーは、当然、覚悟のあるメンバを選びたい。(現実問題、覚悟のあるメンバばかりを集めるのは無理ですが)

覚悟のあるメンバを選ぶ方法は、簡単です。プロジェクト発足時に、リーダーは
「このプロジェクトに入ってほしいのだが、このプロジェクトにはどんなリスクがあると思う?」
と聞くだけです。
あなたなら、どうやって覚悟があるかどうかを見抜きますか?